皆さま、ごきげんよう。
一般社団法人 笑活協会・代表理事のたかまつななです。

私は、お笑い芸人です。
でも、人前で話すことが大の苦手でした。

小学生の頃、富士山にゴミが落ちていることにショックを受けました。
このことを伝えたいと思い、全校生徒の前で話す機会を得ました。
一生懸命、原稿を準備をしていきました。
ですが、もごもごして、下を向いて話してしまい、何も伝わりませんでした。

そこから社会問題を人に伝えるには、
どんな方法がいいんだろうと模索し続けてきました。

そんな私に転機が訪れました。
中学校3年生のときに、英語のスピーチコンテストで、お笑いのネタをやりました。

皆、スピーチコンテスト中は爆睡してます。
クラスで一番上手な子がやっても爆睡しているんですけれども、
私がネタをやると、大爆笑が起きました。

私は嬉しかったとともに、驚きました。
だって私は、英語の成績が学年でビリだったんです。

学年でビリの私なんかに皆が食いついている。
これって、お笑いには大きな可能性があるってことではないか。
距離を置いてしまうものを身近に感じさせる力があるのではないか。

そこから、私の新しい人生が始まりました。

距離を置いてしまいがちな社会問題であっても、
お笑いを通せば身近に感じてもらえるのではないかと思い、プロのお笑い芸人になりました。

そして今は、お笑い界の池上彰を目指しています。

18歳選挙権が話題になった時期に、
「政治をもっと身近に感じてほしい」
そんな想いから、笑える!使える!政治教育ショーを作りました。

お笑いを使い、ゲームを使い、感覚的に伝えます。
“理屈っぽい・眠れる”学習から、“感覚的な・笑える”学習に変えるため、全国を駆け回っております。

実際に、1年で1万人に出張授業を届け、
SNSを使い、およそ70万人を選挙へと導く光を照らしました。

政治に無関心だった子どもたちから
「政治について話すのって、こんなに楽しいんですね!」
「友達を説得して選挙に一緒に行きます」
という声が聞こえました。
現場の先生からも大好評です。
1回の授業で、投票率が84%になった学校もございました。

真面目に社会問題を語っても伝わらないのに、
お笑いを通せば、たくさんの人に思いが伝わることに驚きました。

お笑いが苦手だったからこそ、私は人前で話す、伝えるということを理論として構築してきました。

いい商品やいい事業内容なのに、伝え方が悪いことで、その魅力が伝わらない。
大切な内容の授業なのに、生徒たちに伝わらない。
お笑いを活用してもらうことで、そういった問題が解決できるのではないか。

そういった思いで、
この「笑活」の活動を始めることにしました。

私はプロの芸人で伝える力があるからこそ、
社会起業家になってビジネスコンテストでたくさん賞をいただいております。
これは私の思いやプランだけではなく、伝える力があるからこそ、
多くの方が共感してくださっているんだと思います。

喋るのが苦手な人、ご安心ください。
ほんのささいなコツを知らないだけです。
本物の伝えるスキルをプロの芸人が直接お伝えします。

もっと自分の伝える力を向上することは生きる上で欠かせません。
営業の成績が向上したり、プレゼンが得意になったり、世間話が上手になります。

日常生活に笑いを活用しませんか?

たかまつ なな

「笑活」とは

「笑活」とは、お笑いを活用することでコミュニケーション力や人間力をアップすることです。
お笑いの知識やスキルを学び、実践していくことで、営業やプレゼンなどのビジネスの現場、授業・講座・セミナーなどの教育現場、日常生活において、より良いパフォーマンスが得られるようになります。

一般社団法人笑活協会とは

一般社団法人笑活協会は、笑活を広げていくために設立された団体です。
笑活を普及していくことで、日常生活においてお笑いを活用できる人を増やすことによって、国民全体のコミュニケーション力、人間力を向上させ、日本社会をよくしていくことを目指しています。
そのために笑活コーディネーター・笑活インストラクターを養成していきます。

「笑活コーディネーター」とは

笑活コーディネーターは笑活を普及・啓蒙していくための資格です。
笑活コーディネーターになることで、お笑いの知識・スキルを磨き、自分自身のコミュニケーション力・人間力を向上させ、ビジネスや教育、日常生活のいろいろな場で活躍できるようになります。
また、笑活協会を通じて、自分が企画・関連するイベント、講座、研修、行事などにお笑い芸人を呼んで、内容をパワーアップすることができます。

「笑活コーディネーター」になると

・笑活コーディネーターに登録すると、自動的に一般社団法人笑活協会(以下、協会)の笑活コーディネーター会員になります。
・笑活コーディネーター認定証が発行されます。
・年度ごとに、笑活コーディネーター認定カードが発行されます。
・協会のロゴを使用し、笑活コーディネーターの名称を使用して活動することができます。
・自分が企画・関連するイベント、講座、研修、行事の企画内容やお笑い芸人のキャスティングなどを笑活協会に相談することができます。
・笑活コーディネーターのコミュニティに参加し、他のアドバイザーと交流することができます。
・協会主催や関連のイベント、交流会に無料もしくは笑活コーディネーター向け割引価格で参加することができます。
・笑活コーディネーターとして、協会のサイト内に写真&プロフィールを掲載し、活動のご紹介をします。
・笑活関連の研修・出張授業・講演を、企業や学校などに営業することができます。成功報酬として売り上げの20%をお支払いします。
・自分のプレゼンについて、有名ジャーナリストや元トップクラス芸人のプロに、割引価格でコンサルティングを受けることができます。
・笑活インストラクター(後日資格を立ち上げ予定)認定講座を受講する資格が得られます。

こんな人におすすめです

・コミュニケーション力に自信がない人。人前で話すのが苦手な人、あがり症の人
・ビジネスの場で、上司、部下、同僚とコミュニケーションをとるのが苦手な人
・子どもたちがより楽しく学べるように授業方法を改善していきたい先生
・受講者によりアピールする講義方法を身につけたい講師
・お笑いのスキルを活用して活動の幅を広げていきたい芸人・タレント
・笑活・エデュテイメントに興味がある人
・お笑いの要素を日常生活に取り入れて、楽しく幸せな人生を送りたい人

笑活コーディネーター認定講座 内容

※内容は多少変更になることがあります

【第1章】笑活とは
○笑活とはどういうものか
○笑活コーディネーターとは
○日常生活にお笑いを活かすメリットとは
○お笑いを活かせる分野

【第2章】お笑いとコミュニケーション
【ワーク】自己紹介をやってみよう
○コミュニケーションにお笑いを活用する意義
○コミュニケーションに活用できるお笑いスキル
○コミュニケーションに活用できる話術
○漫才
【ワーク】プロの漫才をマネしてやってみよう
【ワーク】漫才を自分でつくってみよう

【第3章】お笑いとビジネス
○ビジネスにお笑いを活用する意義
○ビジネスに重要なプレゼン力
○人を惹き付けるプレゼンとは
○わかりやすいプレゼンのポイント
○プレゼンの作り方
○プレゼンの実践
【ワーク】今、私が伝えたいこと 2分で話せるようにまとめる

【第4章】お笑いと教育
○教育にお笑いを活かすメリット
○お笑いを活かした講義例「笑える政治教育ショー」
【ワーク】逆転投票シミュレーションゲーム

【第5章】笑活インストラクターの活動について
○笑活アドバイザーの活動の展開例
○お笑いを活かした企画のポイント
○お笑い芸人を呼ぶ企画の実例
○笑活アドバイザーの特典・メリット
○笑活協会からのサポート